相田みつをの書籍を徹底紹介します。

にんげんだもの 逢 |相田 みつを

にんげんだもの 逢にんげんだもの 逢
相田 みつを
角川書店 刊
発売日 2000-06
価格:¥480(税込)




まぁ悪くはないが 2006-03-07
最初この人の本を読んだ時

「なんだこれ?いいかげんな発言だね」

と、思ったのですが



その発言に対し、自分の経験の事を語っているのですが

それがかなり納得できる内容でした



たしかにそんな考え方もあるなぁと思える内容です



中には、かなり関心させられる文書もあるので、読んでみるのも

悪くありません

ただ、対象年齢の若い方(特に14歳以下ぐらい)にはオススメできません



すぐ内容に対して否定すると思うので・・・






■続きを読む


この記事は2006/7/16に作成しました。

【相田みつをの経歴】
1924年生まれ。本名:相田光男

栃木県に生まれ、中学校卒業後、歌人・山下陸奥に師事する。

1942年に曹洞宗高福寺の武井哲応老師と出会い、仏法を学ぶ。

1943年に書家である岩沢渓石に師事し、全国で展覧会を開催する。

1991年永眠。